自粛明けで思うこと。

ブログ

こんばんは。オーナーまさです。

何故かは分からないのですが、お店を再開してから予約や問い合わせをいただく時にとても丁寧にやり取りをして下さる方が増えている印象です。

常連さんはもちろんご新規の方も。

その分自分の至らない部分が見えやすくなって来ていて、殆ど1からサービスを再構築しているような感覚になっています。

感謝の気持ちでいっぱいで、サービスのクオリティをより一層上げていこうと試行錯誤する毎日です。

感謝申し上げます。

自粛の反動でキャストが減ってしまいまだまだ元通りの状態にはなっておりませんが、改めてお店作りをして参りますので、暖かく見守っていただけますと幸いです。

 

ここからはウィズコロナ時代の幕開けで、事業の形態が急速に変化していく中で思ったこと。

飲食は席が間引きされ、売上の最大値が下がり宴会も戻ってこない。

ホテルや航空、観光業界はインバウンド壊滅状態で国内旅行も行きにくい雰囲気。

幾度となく話題になっているライブハウスやフェス、オフラインのイベントは目も当てられない。

上記のような現状により、閉店破産が今後更に増えていくことが容易に想像出来ます。

ではこれから僕たちはどうすれば良いのでしょう?

もちろん答えはありません。

リモートワークをしたり、今までと違うマネタイズを考えたり、何も変わっていなかったりしていると思うのですが、様々な業界の立て直し方は頭の良い人たちにお任せするとして。

でも今まさにお金が減ったり、新たに借金をしたり、いつ潰れるか分からない恐怖に怯えたりしちゃいますよね。

僕自身はこの2ヶ月で答えを考え続けました。

人間関係を見直し、関わってくれている人たちの大切さを感じるようになって。

今まで毎日何事もなくやっていた大好きなお店たちがまだ存在しててほっとして。

映画やドラマを観て何となく閉ざしていた感情が湧いて来たり。

やっぱり僕は偽善者だと言われても人を騙すようなことは嫌いで正直にビジネスをすることしか出来ないし、友だちと馬鹿なことして笑っていたいし、そのままでいたいんだなと。

そのままでもお店に関わってくれる人がいるし、友だちもいるし、感謝されることもある。

でも突然表れたウイルスのおかげでそのままが崩れてしまったから、今より仕事を頑張って、身近な人が困ったときに助けてあげられるようにならなくちゃと強く考えるようになりました。

いつも自分でも呆れちゃうくらい綺麗事を言ってしまうのですが、もうこれで貫いていこうと思っています。

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

今関わってくださっている方々、これから関わろうとしてくれている方々、過去関わってくださった方々、重ねて感謝申し上げます。

未来の自分がいつか振り返るためと、これから体入しようとかお店を使ってみようかとか、検討されている方々に事前にこんなこと考えてお店やってるよー、というのが伝わるよう書き残しました。