飲食とリフレを照らし合わせて生き残り競争

ブログ

東京都新宿区の高田馬場、40席くらいのイタリアンを2年間やっていました。

組合というものがありまして。

他の業界もあるのかな。

商店街みたいなもので、月数千円払って物理的に距離が近いお店同士が集まって月一程度飲み会を開いて発展?を話し合う。

一応ニーズに応じてお客さんを分け合う

プライベートでは組合のお店にお金を落としに行って助け合う

たまに大手ビールメーカーさんとかが協賛してくれてお得なイベントが出来たり。

悪い仕組みではないとは思うけど、本質的には傷のなめあいなんじゃないかなーと思って参加していませんでした。

他店さんの情報を仕入れることが出来たり、トレンドを掴みやすいので良いところもあるのだけれど、それはみんな一緒なわけで。

人付き合い面倒くさいっていう本音の言い訳かな。

飲食業界を盛り上げたい気持ちは凄くあるんだけど、同エリアの他店さんを応援できるほどお金にも精神にも余裕はなくて。

というのが、敗者の言い訳で現在に至ります。

そしてリフレを始めた。

競合は一つもなく都心のリフレ店さんはいくらでも応援出来ると思っている。

もちろん完全に競合しないかというとそうではないのだけれど。

でも業界的にもビジネスモデル的にも心に余裕を持てる事業を選択した。

そこで考えたんですよね。

僕みたいに大した知識もなくてノウハウ欲してる人、頭でっかちで上手くいくはずだと思ってるのに上手くいかない人、大繁盛してるんだけどお金以外何もなくて虚しい人とかが集まって業界を盛り上げるコミュニティ。

同エリアの参加は先着一店舗(多店舗展開してて他エリアに店があったらそのエリアも今後ブロック)までで。

月1000円くらいいただいて、オフラインの集まりでコーヒー代ペイ出来るくらいで募って、Fasebookグループでコミュニケーションを取る。

少しでも賛同してくれる人いないかな、これはガチで意見欲しいです。

批判覚悟で書きますが、HPの作り方、Twitterの運用、実際のサービスとかって言いたいことあると思うんですよ。

ありつつもじゃあ言うか?ってなるとスルーが多い世の中。ポイズン。

 

まだまだブラックオーシャンすら狙えるリフレ業界を一緒に盛り上げていきませんか?